第11回 Zoho CRMのカスタマイズに必要なコントロールの解説 No1

2013年1月23日

ねこぎじです。

カスタマイズに必要なコントロールの種類を解説します。

前回にキャンペーン新規作成画面をカスタマイズする準備について解説させて頂きました。
第10回 キャンペーン新規作成画面をカスタマイズ編 準備-01

今回はカスタマイズに必要なコントロールの種類について説明します。

※ 画像拡大については画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

 

まずは、下記の画面をご覧ください。

上記 第10回 キャンペーン新規作成画面をカスタマイズ編 準備-01 を参照ください。

【設定】 ->

リスト キャンペーン01

 

 

 

 

【設定】 -> 【カスタマイズ】

設定のレイアウトに入る01

 

 

 

 

 

【設定】 -> 【カスタマイズ】 -> 【レイアウト】

設定 キャンペーン 項目追加01

 

 

 

 

 

 

【設定】 -> 【カスタマイズ】 -> 【レイアウト】 -> 【カスタム項目の作成】

カスタム項目の作成

※ 画像拡大については画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

カスタム項目の作成でカスタマイズできるコントロールは16種類あります。

1.テキスト(1行)

一行で表現できるタイトル、名称、備考などを入力するケースに使用します。

2.整数

数字(整数)を数量、参加人数、枚数など、数値入力したいケースに使用します。

3.パーセント

パーセント表示したいケースに使用します。

4.少数

少数表現をしたいケースに使用します。

5.通貨

商品の金額、合計額等の金額関連を入力したいケースで利用します。

6.日付

入力日付、契約日付、申し込み期日など日付を入力したいケースで利用します。

7.日時

日時を入力したいケースで使用します。

8.メール

メールアドレスを入力したいケースで使用します。

9.電話番号

電話番号を入力したいケースに使用します。

10.選択リスト

定形で入力できる名称をあらかじめ登録することが可能です。リスト形式を選択して入力を省くという利用ケースで使用します。

11.URL

URLを入力したいケースで使用します。

12.テキスト(複数行)

複数行の入力に適したコントロールです。備考等の説明を要するテキストBoxとして使用します。

13.真偽値

Yes または No や正 または 偽を表したいケースで利用します。チェックボックスにチェックを入れる、入れないで真偽を表現しています。

14.複数選択リスト

選択リストが複数選択出来るコントロール。複数の名称を同時に登録することが可能です。

15.オートナンバー

自動で採番したいケースに利用します。

16.長整数

長い整数を扱いたいケースに利用します。

今日はここまでと致します。

 

今日から、ねこぎじとともにZoho CRMでビジネスを進めていきましょう。

必ず結果がついてくると信じて!

 
【広告】

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です