第3回Zoho CRMでキャンペーンを作ってみる。

2012年9月10日

ねこぎじです。

前回で見込客とキャンペーンの管理が出来ることを書きました。
今回は、キャンペーンについての「新規登録」を見ていきたいと思います。

キャンペーンはZoho CRM(無料版)で最もキモになる処理だと考えています。

無料版は新規事業や、SOHOの事業を営む方々に最適なソリューションだと考えています。
CRMの機能としては最低限これだけあれば新規事業のマーケティングに十分利用できるシステムです。

前回、Zoho CRMは販売管理のような物だと言いました。しかし、無料版には商談はあるけど商品管理や見積のデータや請求のデータの管理が利用出来ません。

しかし、マーケティングに絞って利用すれば十分な費用対効果があります。ぜひ使ってみてくださいね。

それでは実際の「キャンペーン登録画面」を見てみましょう。

1.キャンペーン登録の必須項目

キャンペーンの登録登録画面

 

キャンペーンの登録では、必須入力項目は
1.キャンペーン名

この一点のみで登録が可能です。

とりあえず、名称だけでキャンペーンを登録しておきたい場合などには有難いのですね。Zoho CRMは後で修正・追加が簡単であること。そしてとりあえず登録しておくことで柔軟に利用が出来ます。

ここで、「保存」ボタンを押すことでデータとして登録出来ますが、他の項目もしっかり見て行きましょう。

2.その他の入力項目

その他の入力項目単位に見てきましょう。

2.1 種別

キャンペーンをどの手法にて行うかを登録できます。
たとえば、今回はDMでキャンペーンを行うとした場合、「ダイレクトメール」を選択します。その後にセミナーによるキャンペーンを行う場合は「セミナー」といった都度手法を登録することで、集客後の成果を種別によって比較・検討・分析することも可能になります。

種別 プルダウンメニュー

2.1.1 種別の種類

種別の種類は、初期設定では下記の種類が準備されています。

種別の種類(初期設定)

2.2 ステータス

登録するキャンペーンがどの状態にあるかを管理する為に、状態名=ステータスを登録します。
このステータスによって実施前、実施後などの状態別管理が可能となります。同時並行展開中のキャンペーンが複数ある場合に実施後のキャンペーンを確認したいなどの用途に調歩します。

ステータス プルダウンメニュー

2.2.1 ステータスの種類

ステータスの種類は、初期設定では下記の種類が準備されています。

ステータスの種類(初期設定)

2.3 開始日と終了日

キャンペーンを開始する日付と、終了する日付を登録します。どちらも予定でも構いません。管理上でも便宜的に登録しておくことをお薦めします。

2.4 予想収益と予算と実際の費用

  1. 予想収益は、このキャンペーンによって得られると予想される収益を登録します。
  2. 予算は、このキャンペーンの費用を登録します。
  3. 実際の費用は、このキャンペーンを行ったことで実際にかかる費用を登録します。

いずれも後日に他のキャンペーンとの比較・分析に役立てる為にデータを登録しておくことをお薦めします。

2.5 予想反応数と送付数

  1. 予想反応数は、このキャンペーンによって予想される反応数を登録します。
  2. 送付数は、メールまたはDMなどの発送・送付した数を登録します。予定でも実数でも構いません。
いずれも後日に他のキャンペーンとの比較・分析に役立てる為にデータを登録しておくことをお薦めします。

2.6 詳細情報

さまざまなメモ書きや備考欄として利用が可能で、どのように利用するかは自由です。

3. キャンペーンの登録と修正について

  1. 登録は画面下の「登録」ボタンで登録されます。
  2. 修正は登録後に登録したデータのリストが表示されます。各キャンペーンデータを選択して「編集」のリンクをクリックすることで、キャンペーン登録の画面に遷移します。修正・加筆頂き保存ください。
以上、本日はキャンペーンデータの作成について登録画面を見てきました。次回はさらに登録したキャンペーンを実際に実施していく過程の管理をZoho CRMでどのように行い、最終的にはどのようなマーケティングが可能かを研究してみたいと思います。
それでは次回も、ねこぎじとともにZoho CRMでビジネスを進めていきましょう。

必ず結果がついてくると信じて!

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です